レイク審査と責任記録

レイクのカードローンを利用するためには審査を通過しなければなりませんが、審査の結果を行う際にはレイクの銘柄を展開している金融機関が指定する資料を用意しなければなりません。
レイク審査における大切資料は大きく、自分裏打ち資料と稼ぎ証明資料の2ステージに分けられます。
自分裏打ち資料について、レイクのホームページでは運転認可を持っている輩は運転ライセンスを提出することを推奨しており、持っていない輩についてはカラダ保険エンブレム、パスポート、特有永住者免許、在留カードの家屋いずれかアクセントを用意するみたい求めています。仮に、これらのどの免許も持っていないのであれば、レイクのお問い受け付けを利用して対面しましょう。
なお、現状免許に記載されている所と、目下居住している業者の所が異なる場合は、自分裏打ち資料に加えて、電気、気体、水道などの実施プライスの受け取りや、住民票の写し、印章入力免許なども必要となります。ただし、先に自治体役所に現状免許の所スイッチ流れを済ませて、現住所とインデックスを一致させておけばサービス資料を用意しなくても済むので、一気にお金が必要な状勢に無いのであれば、歳月を見つけて所スイッチを済ませてしておいた方が良いです。
一方で、目途限度額が100万円を超える場合は稼ぎ証明資料も必要となります。レイクが稼ぎ証明資料として橋渡しを求めているのは、核引き上げ票、道府県民税や市町村民税の税額決心通知、なんらかの国税・郷里税の納税通知、給料免許(課税免許)の家屋アクセントです。これらを用意できない場合は金額明細書でも可としていますが、インセンティブの供給がある所につとめている場合はボーナス明細書の発表も必要です。
なお、銀行や消費者金融などにおけるカードローン製品の中には、自分裏打ち資料や稼ぎ証明資料の他にも、借入代金の能力を証明する資料やプロジェクト書も用意しなければならない代物もありますが、レイクのカードローンは仕事目的の借り入れができない結果、これらの資料はタダとなっています。また、連帯保証人も不要なカードローンである結果、連帯保証人に関する文書を用意する大切もありません。
上記の大切資料は、発表後述デジタルデータ化され、加入審査や加入後の増範囲審査などにおいて、申込者から提供されたインデックスにうそが弱いかどうかを確認したり、加入や増範囲を認めるかどうにかの文書として利用されます。データ化された後は発表資料はすべて解除される結果、自分裏打ち資料や稼ぎ証明資料を郵便する際には間違って原本を送らないようにしましょう。キャッシングサービスに助けられる